家を売ってもリースバックでそのまま住み続けられる

今の家に住み続けたいけれど、家を手離すことになるかもしれないという状況の方は少なくありません。

また、離婚をきっかけに家を売却する方は少なくありません。

とくに家の名義が夫婦の共有名義だったり、住宅ローンの支払いが困難なケースで売却を検討する方や離婚の財産分与の関係で売る方も多いです。

子供の学校の関係などで、そのまま今の家に住み続けたいという場合もあると思います。

家を売る場合、住宅ローンが完済していたり、残りの額が少ない場合は問題ないのですが、ローンの残りの額が多い場合は、ローンを組んでいる銀行などの金融機関が売却を認めてくれない場合があります。

その場合、放置しておくと最終的には競売で強制的に安い金額で売られてしまいます。

そうした事態を避けるために任意売却をすることで高い金額で売ることも可能ですし、リースバックという方法で今の家に住み続けることも可能です。

任意売却もリースバックも不動産会社や司法書士などの専門家に相談することで対応してもらえます。

リースバックとは、第三者に一時的に家を買取ってもらって、賃貸契約を結ぶことで住み続けることです。

リースバックの場合は、何年か後に新たにローンを組んだりして家自体を買い戻すことも可能ですので、利用者も増えてきています。

あなたの家がリースバックや任意売却が可能かどうかは、以下よりネットで無料診断できますので興味のある方は検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加




関連記事


このページの先頭へ