母子家庭のための医療費助成制度

母子家庭のための医療費助成制度についてですが、母子家庭の世帯は、医療を受ける費用を一部ではありますが助成してもらえる制度もあります。これが母子家庭の医療費助成制度であり、母子家庭手当てのひとつです。母子家庭を対象にしている医療費助成制度というのはやはり、ほかの母子家庭手当てと一緒で、それぞれの自治体によって、もらえる額が違っています。基本的には共通しているのですが、やはり受給前に自分の管轄の自治体については調べておいたほうがいいでしょう。

この医療費助成制度の対象になるのは、18歳になる最後の年度末未満の子供がいる母子家庭、または父子家庭となっています。ですが生活保護をすでに受けている、子供が児童福祉施設に入っているという場合には対象外なので注意しましょう。そして母子家庭の医療費助成制度は、小児医療費助成制度と呼ばれる制度もあります。

これは、0歳から中学校を卒業するまでの児童が対象で、小学生までの子供が入院をしたり、通院をした場合の助成と、中学生の子供の入院の場合の助成があるのが特徴です。この場合入院の標準的な負担額と保険適用外の医療費や交通事故などの入院、通院などは対象にならないので注意しましょう。

母子家庭だと、小さい子供がいる間はどうしてもパートタイムでしか働けないなどの事情もあったりしてしまうため、収入が働いた時間にかなり左右されてしまいます。厳しい時に子供が医者にかからなければいけなくなった場合でも医療費助成があるのはうれしいですし、心強いですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

このページの先頭へ