母子家庭の就学援助制度

母子家庭に限らず、子供の教育費を支払う余裕がない方のための支援制度が就学援助制度です。就学する児童・生徒の保護者で、教育費に困っている方に対して教育支援金が支払われます。具体的には、給食費、修学旅行費、学用品費や遠足などの校外活動費などが助成されます。

対象となるのは、児童扶養手当を受給されている方など、経済的な理由により子供を就学させることが困難な家庭です。子供の人数などによっても変わってきますが母子家庭で児童扶養手当をもらっているようであれば対象になります。また、賃貸住宅などに居住していて、家賃の支払がある場合には、その分を差し引いて控除して審査されます。家賃以外にも控除の対象となるものが細かく決められていますので、もらえないと思ってあきらめてしまわないで申請して審査してもらうことをおすすめします。

申込み方法は、子供が通学している学校で年度初めなどに配布される就学援助制度の書類に必要事項を記入し、必要書類とともに学校へ提出します。途中からの申込みも可能で、その場合は学校もしくは教育委員会から申込書をもらって提出します。教育委員会は市町村の役所や役場内にあることが多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

このページの先頭へ