母子家庭のための住宅手当

母子家庭のための住宅手当についてです。一人親、母子家庭では生活費がかなり苦しいでしょう。ですから母子家庭でかかるお金の負担を軽減させて子供を育てやすくすることを目的にしているのが母子家庭手当てですが、そのひとつに母子家庭のための住宅手当もあるのです。住宅手当、これは離職をした人を対象にして支援するために作られました。働くことができなくなり、経済的に苦しくなった人を対象にしていて、住宅を手放すことがないようにつくられた手当てなのです。

受給する条件ですが、就労意欲がある、就労能力を持っている人、離職前に世帯主だったこと、住宅を手放す恐れがある、すでに手放している、収入が一定の額以下であるといったことが条件になっています。

住宅手当は母子家庭、父子家庭という一人親対象のものもあるのですが、これは国からの制度ではなくて、それぞれの地方自治体が決めている手当てで、全都道府県で平等に行われている手当てではないので、その点は注意しましょう。自分が住んでいるところではもしかすると対象外になっているかもしれません。

もし自分が住んでいる自治体で行われていたとしても、適用されるとも限りませんし、一度相談をして確認したほうがいいでしょう。支給額なども、先ほど離職者に対して支払われていたものとは違っていると思いますので、母子家庭向けの住宅手当の有無と内容を今一度確認しておくことをお勧めします。条件や金額が違っていることが大半です。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

このページの先頭へ