夜逃げはデメリットが多い

借金の返済が難しくなりどうにもならなくなってしまった。そんな場合の最後の選択肢として夜逃げがあります。夜逃げして債権者の追及から逃れ、再出発をしたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、夜逃げには注意が必要です。なにしろデメリットが非常に多いのです。

まずこれまでの生活をすべて失うことになります。行き先を知られないためにも親戚や友人と連絡をとることができなくなります。再出発をするというと聞こえはいいですが、これまで築き上げてきたものをすべて捨てなければならないのです。お金のためにお金よりも大切なものを失ってしまうこともあるでしょう。

それから住民票の問題です。夜逃げした場合はどこへ移動しても住民票を動かすことができなくなります。それがもとで居場所を知られてしまう可能性があるからです。遠方に逃げた場合、住民票を得ることが難しくなりますが、それによって職業探しが制限されたり、賃貸物件の契約をするのができなくなるといった大きなデメリットがあります

そして健康保険です。住民票の移動ができない場合、健康保険の加入ができません。特に問題なのは新しい生活をはじめた後に子どもができた場合です。戸籍届けができなくなります。

このように、夜逃げには新しい移動先で新生活を送る上で深刻な支障をもたらすことになるさまざまなデメリットがあります。本当に夜逃げという選択肢しかないのか、債務整理などの選択肢は考えられないのか。デメリットを踏まえたうえでよく考える必要があるでしょう。

生活保護世帯がもらえる手当て

自分が持っている資産や能力をすべて活用してもなお、最低限度の生活を送ることができないときに申請によって受け取ることができる生活保護。この生活保護は世帯を単位として適用され、世帯の収入を合計しても最低生活費に満たない場合に、その満たない金額が生活保護費として支給されることになります。この最低生活費は、8種類ある扶助のうち臨時的に適用される出産扶助・生業扶助・葬祭扶助を除き、基本的には生活扶助・住宅扶助・教育扶助・医療扶助・介護扶助の5種類の扶助の合計で算出されることになります。

生活扶助は一般的な生活費で、1類が世帯員全員について年齢に相当する基準額を合算、2類は世帯人員に相当する金額を認定します。住宅扶助は賃貸住宅に住んでいる場合に家賃相当額を扶助として認定するもので、基準額を超える家賃の賃貸住宅に住んでいる場合は、生活保護認定後に転居するように指導されることになります。教育扶助は、世帯に小中学校に就学している児童がいるときに認定されるもので、基準額のほかに教材代や学校給食費、交通費などが実費支給されます。医療扶助は医療費の認定で、生活保護が適用となると、医療費は医療扶助から支払われるため自己負担なしに必要な医療を受けることができます。また介護扶助は護保険による認定を受けて、介護サービスを利用しているときに認定されるもので、介護を受ける人が65歳以上のときは自己負担1割が、介護を受ける人が40歳以上65歳未満のときは、自己負担10割が介護扶助として支給されます。

生活保護世帯がもらえる手当ては、このように世帯の家族構成などによって大きく異なります。ケースワーカーとしっかりと相談すれば、あらかじめどの程度の手当てがもらるのかを知ることができます。

母子家庭がもらえる児童扶養手当ての申請方法

母子家庭の生活の安定と自律を促進するための制度である児童扶養手当て。この児童扶養手当の支給を受けるには、父母が婚姻を解消、父が死亡、父から1年以上にわたり遺棄されている母が婚姻しないで生まれた、などの理由に該当する必要がありますが、母子家庭の場合はその多くが受給の対象となっていると考えられます。

この児童扶養手当ての申請方法は、お住まいの自治体の児童扶養手当担当窓口に必要書類を持参し、認定請求を行なうという形になります。各自治体によって差はあるものの、多くの自治体では、印鑑、1ヶ月以内に発行された保護者および児童の戸籍謄本、児童扶養手当認定請求書、保護者および児童の健康保険証、加入状況が確認できる年金手帳などの書類が必要となります。あわせて申請者名義の振込みを希望する金融機関の預金通帳が必要となる場合もあります。

児童扶養手当ての申請時期は随時で申請された翌月分から支給となりますが、支払い時期は書類等の調査後、認定されてからとなります。児童扶養手当ての支給が決定され受給できるようになっても、毎年8月頃(自治体によって違う)に前年所得や扶養の状況などを記載した現況届を提出する必要がありますので、必ず忘れないように提出しなければなりません。また児童扶養手当ての給付には、多くの自治体で所得制限が設けられています。制限所得額や必要な書類に関しては、各自治体によって違いがありますので。

生活保護手当て申請方法で注意したいこと

病気やケガなどで急に働けなくなったり、倒産や解雇などで働き口をなくしてしまって生活に困ったときなどに、最後の砦としてあなたの生活を助けてくれる生活保護の手当て。しかし、この生活保護の手当ては申請すれば誰もがもらえるものではありません。生活保護は国で定める最低生活費を下回る場合に、足りない部分について保障する制度であり、資産の処分など自分でできることはすべてやった上でも、生活の目途がつかないときにのみ、受給することができる手当てだからです。それでも、こうした要件を満たすほど生活に困って生活保護を申請するとき、申請方法で注意したい点がいくつかあります。

手当てを受給しようと生活保護の申請を行なう際には、住んでいる地域を管理する福祉事務所の生活保護担当窓口まで足を運んで相談担当者と面談するか、または地域の民生委員の方に話を聞いてもらう必要があります。さまざまな手続きを経て申請を済ませると、申請後7日以内に担当員が家庭訪問し、生活の実態や状況についての調査を受けることになります。この調査の結果をもとに審査を受けて、ようやく生活保護の受給が決定することになるのですが、最初の申請内容や家庭訪問の調査結果によっては、生活保護の受給に至らないケースがたくさんあるのです。

このようなとき、申請方法で注意したいのは申請書にウソを書かないことです。当然のことながら、資産に関しても細かな調査が入りますので「車を手放したくない」などの理由で持っていないとウソを書いても、すぐにわかってしまいます。申請書に少しでもウソがあれば、その時点で生活保護を受けることはできなくなってしまいます。生活がいかに困窮しているかを、わかりやすく、そしてしっかりとウソなく訴えるようにしなければなりません。

シングルマザーがもらえる手当て

子供は日々成長し、それに伴って生活費や教育費など必要なお金はどんどん増えていく一方になります。しかし、子供の将来のためにもある程度は蓄えを作っておきたいし、心にも少しはゆとりを持った生活を送りたいものですよね。国や地方自治体が給付する、シングルマザーを対象とした手当てをしっかりと有効活用することが必要不可欠です。

シングルマザーがもらえる手当てには、実にさまざまなものがあります。中でも最も申請者数が多いのは、国の制度である児童扶養手当てです。シングルマザーの前年の所得によって支給額が決まるのですが、基本の額は児童1人あたり月額4万2330円、また2人目の児童は10,000円加算となります。なお、この児童扶養手当ては、児童を育てる保護者に対して主に行政から支給される手当てである児童手当とも同時に受け取ることができるようになっています。

ほかにも、死亡や離婚などで父または母がいない児童を養育している人に支給される児童育成手当てや、母子家庭医療費給付制度など、シングルマザーに対してさまざまな手当てを給付している自治体などもあります。お子さんのためにも自分のためにも、受け取ることができる手当てはしっかりと受給し、しっかりと安定した生活を送れるようになりたいものですね。

母子家庭の方のための再婚相手を自分で無料で見つけるには

再婚で子連れである母子家庭の方が婚活する場合は、結婚相談所などを利用すると相手を見つけやすいです。とはいえ、結婚相談所に頼らずに自分で無料で見つけたいという方も少なくありません

そのような方にオススメなのが女性は無料で利用できて男性のみが利用料金がかかるという恋愛サイトです。女性の方は一切利用料金をとられないで無料で利用できます。その反面、男性は有料になりますので遊び感覚で登録する方は排除される傾向にあります。真剣にパートナーを探す男性の割合が高くなりますので、再婚相手も探しやすいです。

また、登録時にプロフィールを登録しますので、その際に自分には子供がいて再婚であると記入しておけば、男性からのアプローチも再婚で子持ちという条件を受け入れてくれるからだけになるので効率的です。

登録するサイトの選択については、会員数が多い大手サイトがオススメです。会員数が数百万単位の大手サイトであれば、新規登録者も多く、いろいろなタイプの方が登録されていますので、日常生活では出会わないようなタイプの方とめぐり合えますし、選択肢も広がります。大手であれば、いたずら登録者は常に排除するように運営されていますので安心して利用できます。

資格があるとかなり有利な介護の仕事

介護の仕事をやってみたいという方は年々増えています。高齢の方の人口は今後も増え続けますし、介護施設も増えてきているため、そこで働く方がまだまだ足りていないのが現状です。人材不足のため、求人倍率も低いです。とくに職種によっては資格が必要なため、資格を有する方を求める施設や企業は多く、転職希望の方が応募してくれるように休日や給料などの勤務条件を改善するところも珍しくありません。今後もこの傾向は続くと思われますので、介護のスキルを高めたり、資格を取得することで将来的にも安定して働ける業界と言えます。

介護福祉士、ホームヘルパーなど、職種は様々ですし、介護事務など事務系の仕事ができる方も求められています。介護施設での調理や清掃などの仕事の募集も多いです。さらに、正社員だけでなく、バイトやパートなどの雇用形態での求人募集も多くなっています。無資格でもできる仕事も多いのですが、資格があると業務の幅も広がりますので、資格を持っていない方の中には働きながら資格取得のための勉強や経験を積むという方も多いのが特徴です。資格としては介護福祉士、社会福祉士、理学療法士に加えて、医療事務やホームヘルパーなどが人気になっています。資格を取得しておけば安定して働けますし、国の教育訓練給付金の対象になっている講座も多く、目指す方も増えてきています。

お金がない時に役立つ知識カテゴリー項目一覧

生活保護

母子家庭のための国民年金・国民健康保険の免除】 【母子家庭でもらえる児童扶養手当】 【母子家庭のための医療費助成制度】 【母子家庭のための住宅手当】 【母子家庭でもらえる遺族基礎年金】 

住宅ローンが払えない

住宅ローンの支払いが苦しい】 【家を売ってもリースバックでそのまま住み続けられる】 【離婚後の住宅ローンを共有名義から個人名義に変更する】 【離婚した元夫が住宅ローンを滞納している】 【一時的に支払えないが将来的には払える可能性がある】 

夜逃げ

夜逃げはデメリットが多い】 

質屋

質屋で高く売る方法】 

現金が欲しい

入院費を滞納するとどうなる】 【交通違反の罰金を滞納するとどうなる】 【住民税を滞納するとどうなる】 【家賃を滞納するとどうなる】 【携帯電話料金を滞納するとどうなる】 

債務相談

借金を少なくしたい】 【借金の取立てをやめさせたい】 

看護師で年収アップする方法

その先の看護を変える気づき: 学びつづけるナースたち】 【患者トラブルを解決する「技術」】 【ケアの本質―生きることの意味】 【NANDA-I看護診断: 定義と分類 2012-2014】 【感情と看護―人とのかかわりを職業とすることの意味】 

安全にお金を借りる方法

オリックスのキャッシング】 【モビット】 【キャッシングは大手と中小で安全度は全然違います】 【レディースレイク】 【プロミスレディース】 

シングルマザーがもらえる手当て

母子家庭の就学援助制度】 【シングルマザーの児童扶養手当て申請方法】 

顔の赤いブツブツや肌荒れを何とかしたい

ヒアロジー ジェルパックの効果】 

離婚したい

離婚と財産分与】 

シングルマザーの再婚相手はこう探す

母子家庭の方のための再婚相手を自分で無料で見つけるには】 

離婚のための浮気調査の重要性

今すぐ仕事を探したい

資格があるとかなり有利な介護の仕事】 【パートよりも派遣を選ぶ方が増えています】 【バイトや主婦のパートを探すには】 【ファッション関連のアパレル業界で正社員で働きたい】 

闇金融の借金と取り立てをゼロにする

塾に通わずに勉強できる小中学生向けのサービス

このページの先頭へ