借金がある方が生活保護を受給できないということはありません。

ただ、生活保護で受給したお金を借金返済にあてることはできないので注意してください。

生活保護費は税金なので、個人の借金返済に使うことは許されていません。

ただし公的な手続きで返済不要になったり、減額してもらえることがあります。

今の返済がなくなれば生活保護の申請自体が不要になるかもしれません。

以下より、手続きで借金がいくら減るかチェックできます。

母子家庭で生活保護を確実にもらうために申請前に必ずしておくべきこと

母子家庭の方のためのお役立ち情報

借金があると生活保護は受給できない?

借金がある場合、生活保護の受給はできないのでしょうか?

結論から言えばできないこともありません。

ただ注意点が一つあります。支給された生活費を借金の返済に充ててはいけない、ということです。

借金に苦しんでいるからこそ生活苦になってしまったわけですから、借金を抱えている人を生活保護制度からはじき出してしまうのは適切とは言えないでしょう。

しかし支給される生活保護はあくまで「最低限の生活を送るために必要なもの」ですから、借金の返済に充てるのはふさわしくない、というわけです

ではこっそり返済に使っていたのがバレたらどうなるのでしょうか?

バレたらすぐに生活保護が打ち切られます。

そうなると、借金だけが残り、生活費を調達するのもままならないという非常に厳しい状況に陥ってしまうことになります。

この点はなかなか難しい部分です。

もともと生活保護とは基準に基づいて「日常生活を送るために最低限必要な金額」が支給される制度です。

しかし収入のほとんどを借金の返済に消えてしまうような状況の場合、その「生活に最低限必要な金額」を確保できなくなってしまう恐れも出てきます。

そんなときにはこっそり生活保護を返済に当てるのではなく、債務整理を行ったうえで生活保護の申請も視野に入れてみましょう。

債務整理をした後でも生活保護を受けることができますから、どうしても自分の収入だけでは借金の返済が難しい場合には、検討の余地が十分にある選択肢となるでしょう。

「借金があっても生活保護の受給を受けることはできる」
「でも支給された生活保護を借金の返済に充てることはできず、こっそりやっているのがバレたら打ち切られてしまう恐れがある」
「借金の返済のために生活費を確保できない場合には債務整理と生活保護の両方行うことも検討するべき」となります。

生活保護を確実にもらうために申請前に必ずしておくべきこと

母子家庭の方のためのお役立ち情報