生活保護でもらったお金を住宅ローンの返済にあてることはできませんので注意が必要です。

税金から支払われる生活保護費は、個人のローン返済に使用することは許されていません。

ローンの支払いが厳しい場合は売却を検討することになります。

住宅ローンが残っていても家やマンションは売却できます。予想外に高く売れてローンの残りを支払っても現金が余って臨時収入になることも少なくありませんので、まずは調べてみましょう。

こちらであなたの家がいくらで売れるかがスグわかります。

住宅ローンを数カ月でも滞納すると、あっという間に競売にかけられて相場よりも安く売られてしまいますので注意してください。

生活保護を確実にもらうために申請前に必ずしておくべきこと

母子家庭の方のためのお役立ち情報

住宅ローンがあると生活保護は受給できない?

借金がある場合でも生活保護を受けることができますが、住宅ローンはどうでしょうか?

住宅ローンがある場合は原則として生活保護を受けられません。

受給された生活保護を借金の返済に充てることは禁じられています

また自宅を持っている人は原則としてそれを処分して生活を立て直したうえで、なお生活保護が必要な場合に申し込むことになっています

この2つの理由からも、住宅ローンがある場合には生活保護を受給することができないのです。

ただ、これは住宅ローンがあると絶対に生活保護を受給できないと決められているわけではなく、現実的ではないという意味です。

持ち家の住宅ローンともなれば月々の支払いがかなりの金額になりますから、生活保護を検討している人の収入だけで支払うのは困難なことがほとんど、しかも生活保護を返済に回すことができないわけですから、事実上返済し続けるのは不可能になるわけです。

ですから生活保護を受けたい場合には、まず住宅を売却してローンを整理したうえで申請するのが一番確実です。

なお、持ち家を売却する場合にはローンを提供している金融機関に差し押さえられたうえで競売にかけられるよりも、金融機関とその保証会社の合意を得た上で任意売却をした方が高く売れる可能性が高いので検討してみるとよいでしょう。

こちらであなたの家がいくらで売れるかがスグわかります。

生活保護を確実にもらうために申請前に必ずしておくべきこと

母子家庭の方のためのお役立ち情報