資格があるとかなり有利な介護の仕事

介護の仕事をやってみたいという方は年々増えています。高齢の方の人口は今後も増え続けますし、介護施設も増えてきているため、そこで働く方がまだまだ足りていないのが現状です。人材不足のため、求人倍率も低いです。とくに職種によっては資格が必要なため、資格を有する方を求める施設や企業は多く、転職希望の方が応募してくれるように休日や給料などの勤務条件を改善するところも珍しくありません。今後もこの傾向は続くと思われますので、介護のスキルを高めたり、資格を取得することで将来的にも安定して働ける業界と言えます。

介護福祉士、ホームヘルパーなど、職種は様々ですし、介護事務など事務系の仕事ができる方も求められています。介護施設での調理や清掃などの仕事の募集も多いです。さらに、正社員だけでなく、バイトやパートなどの雇用形態での求人募集も多くなっています。無資格でもできる仕事も多いのですが、資格があると業務の幅も広がりますので、資格を持っていない方の中には働きながら資格取得のための勉強や経験を積むという方も多いのが特徴です。資格としては介護福祉士、社会福祉士、理学療法士に加えて、医療事務やホームヘルパーなどが人気になっています。資格を取得しておけば安定して働けますし、国の教育訓練給付金の対象になっている講座も多く、目指す方も増えてきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加




関連記事

このページの先頭へ