シングルマザーの児童扶養手当て申請方法

もしあなたがシングルマザーになったら?真っ先に心配になるのは、やはり何といっても収入のことなのではないでしょうか。安定して働くことができる資格や、何か手に職を持っているという方ならまだしも、特に長年専業主婦をしてきたという方の場合は、なかなか安定した生活を送ることができるほどの収入を得るのはとても難しいことですよね。

そのような状況の中で、シングルマザーにとって金銭的に大きな助けとなる制度があります。母子家庭の生活の安定と自律を促進するための、国の制度である児童扶養手当てです。所得制限が設けられているなど、児童扶養手当ての支給を受けるためには一定の要件を満たす必要がありますが、シングルマザーの家庭の多くが受給できる可能性が高いのが児童扶養手当てです。基本の額は、児童1人の場合は月額4万2330円、児童2人の場合は月額5万2330円、児童3人の場合は月額5万8330円、以降児童が1人増えるごとに月額3000円から6000円追加となる手当てのお金は、シングルマザー世帯の大きな支えとなることは間違いありません。

この児童扶養手当ての支給を受けるためには、まずお住まいの自治体の担当窓口で認定請求をする必要があります。申請方法は、請求者と児童の戸籍謄本、印鑑、課税証明書などの必要書類をそろえ、自治体の担当窓口に提出するだけです。わからないことがあれば直接窓口で聞けば何でも教えてもらえますので、きちんと申請するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

このページの先頭へ