キャッシングの意外な審査ポイント

キャッシングの審査は、金融会社によっても少しずつ違います。ですから、会社の近くにある金融会社ではキャッシングの審査が通ったのに、自宅の近くにある金融会社ではキャッシングの審査が通らなかった…というケースもあり得ます。また同じ金融会社であっても、あなたはOKなのに、一緒に行った友達はNGだった、なんてケースもあるんです。では、なぜこうした違いが出てくるのでしょうか?

キャッシングの審査でチェックされるのは、年収、勤務先、勤務年数、持ち家の有無などです。年収が高く、勤務先が一流企業で、勤務年数が長く、持ち家があれば、まずキャッシングの審査で通らないことはありません。しかし、申し込んだ人のすべてが、こんな良い条件ばかりではないですよね。金融会社は、あなたの財政状況を細かくチェックして、この程度なら毎月の返済ができるだろうというラインを見極めます。申し込み金額がライン以下であればOKですし、申し込み金額がライン以上であればNGという結果になります。

キャッシングの審査は、一般的に銀行系がもっとも厳しく、消費者金融系がもっともゆるくなっています。信販系や流通系は、銀行系と消費者金融系の間です。審査が厳しいほど、金利が低くなる傾向があります。審査基準の厳しさや金利は、申し込みをする人の財政状況とも関連しているわけです。貸金業法の改正があってから、無茶な金利を行う金融会社は激減しました。しかし、審査の甘さをエサに高金利で貸す悪質な会社もまだ存在しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加









関連記事

このページの先頭へ