任意売却のメリットと注意点

住宅ローンが払えなくなってしまったときに、住宅を売却することでローンの返済に充てる任意売却。この任意売却にはさまざまなメリットと注意点があります。任意売却を行なう際には、こうしたメリットと注意点をきちんと把握しておくことが必要不可欠です。まずは任意売却のメリットから確認しておきましょう。

任意売却の最大のメリットは、何といっても市場価格に近い金額で住宅を売却できるということです。通常、住宅が競売に出されると買い手側は住宅の状態を見ることができないといった点などに不安を感じるため、一般的な市場価格よりもかなり安い価格が住宅に設定されることがよくあります。また競売物件の場合には新聞などの告知によって公開されてしまうため、ご近所の方に事情を知られてしまうことが多々あります。しかし任意売却の場合は、仲介者を通して債権者と債務者が物件価格を相談できるほか、売却自体も一般住宅の売却と同じ扱いになるため、任意売却の事実を誰にも知られずに済みます。競売よりも高い価格で売却できれば、それだけ残債を少なくすることができるので、競売と比較すると任意売却には大きなメリットがあります。

しかし当然のことながら注意しなければならないこともあります。それは住宅の売却代金で住宅ローンを全額払いきれなかった場合、残債が発生してしまうということです。家さえ手放せばローンは全てなくなるというわけではありません。住宅の売却価格によって、ローンの残債がどうなるかということを注意して手続きを進める必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加






関連記事

このページの先頭へ