競売開始決定の通知とは

もしあなたが数ヶ月も住宅ローンを滞納してしまったら?債権者である銀行などの金融機関は、ローンの担保となっている住宅や土地などの不動産を強制売却(競売)することで債務を払って欲しい、と裁判所に申し立てることになります。この競売の申し立てが適法であると判断されると、裁判所は担保となる不動産を差し押さえ、競売開始を決定したという旨を債務者に通知しなければなりません。そのために送られてくるのが「競売開始決定の通知」です。

「債権者の申立てにより、上記請求債権の弁済に充てるため、別紙担保権目録記載の担保権に基づき、別紙物件目録記載の不動産について、担保不動産競売手続きを開始し、債権者のためにこれを差し押さえる。」競売開始決定の通知には、このようなことが記載されています。この競売開始決定の通知には、いつ頃に入札が行なわれるのか、また何月何日に自宅を明け渡さなければならないのかといった詳しいことは記載されていません。しかし、通常はこの通知が届いてから数ヶ月しか自宅に住むことができないと考えたほうがよいでしょう

競売開始決定の通知は、「あなたの住宅の競売の手続きが始まりましたよ」というお知らせです。これが届いたらとにかく急いで何らかの手を打たなければ、不動産は一般の流通価格よりもかなり安い金額で落札されてしまい、あなたの手元には清算し切れなかったローンの残債が残ることになります。こうなってしまう前に、弁護士などの専門家や金融機関に相談し、できるだけ任意売却できる方向に持っていったほうがよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加






関連記事

このページの先頭へ