住宅ローンの支払いが苦しい

住宅ローン支払いに困っている方のために、状況別に対応策を紹介させていただきます。

まず、給料日前や離婚の慰謝料の支払い前などで一時的に支払えないという場合です。この場合は延滞すると10%を超える利率の延滞料金が上乗せされてしまう可能性があるため、低金利のキャッシングなどの利用も視野に入れて対策します。一定期間無利息の大手キャッシング会社なども検討します。住宅ローンを一時的に支払えない時の対策はこちらです。

続いて、このまま支払い続けることが難しいので家を売りたいと考えている場合です。住宅ローンを滞納して競売にかけられると安値で売られてしまいますので、自分で高値で売るようにしましょう。重要なのは、あなたの家を一番高く売れる業者を探すことです。業者によって数百万円単位で売却額が変わってきますので注意が必要です。家を高く売る方法のページを参考にしてください。

さらに、家を売りたいけれど、ローンが多く残っているため銀行などの金融機関が売却を承諾してくれない場合です。この場合は任意売却という方法で売ることが可能です。また、リースバックという方法で家を売却しても、元の家に住み続けるということが可能です。第三者に一旦買取ってもらってから賃貸契約を結ぶというものです。任意売却もリースバックも司法書士などの専門家に無料相談すると対応してもらえます。任意売却とリースバックの詳細と無料相談はこちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加




関連記事


このページの先頭へ