離婚した元夫が住宅ローンを滞納している

離婚した夫が住宅ローンを支払い、あなたがその住宅に住んでいるケースもあると思います。

その際に、元夫のローンの支払いが滞ると最終的には競売にかけられて家を手放すことになってしまいます。

慰謝料の代わりに払う義務があるはずなのに、滞納して追い出されるというのは理不尽だと思う方がほとんどだと思いますが、最悪の事態を避けるためにもあなた自身が早めの対応をとることも必要です。

まず、競売にかけられると家は市場価格の60%から70%という安値で処分されてしまいます

これを避けるためには、任意売却という手段をとる必要があります。

任意売却で家を売ったほうが一般的に高く売れます。また、今の家に住み続けたいのであれば、リースバックという手段もあります。

リースバックとは、家を買主に買取ってもらい、買主と賃貸契約を結ぶことで今の家に住み続けることができます。将来的に買主から家を買い戻すことも可能です。

任意売却にしてもリースバックにしても、手続きや交渉を自分で行うことは困難ですから、司法書士などの専門家に依頼するのが近道です。

元夫との交渉についても代行してもらえる場合が多いです。

まずは、家がいくらで売れるかを把握することが重要です。

その上で、任意売却やリースバックを検討していきましよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加




関連記事


このページの先頭へ