一時的に支払えないが将来的には払える可能性がある

給料日前などで、手元にお金がなく、住宅ローンを一時的に払えないという場合もあると思います。そのまま、支払いを延滞してしまうと延滞料金を上乗せされたりする可能性も出てきます。延滞利息は10%を超えてしまう場合が多いので、できれば払ってしまいたいです。

そのような際に利用されているのが、大手キャッシング会社です。最近はテレビCMなどでもお馴染みですが、低金利で借りることができますので高い延滞料金を払うよりは支払額を軽減できるケースも少なくありません。

とくに無利息期間が設けられているプロミスなどは一定期間無利息ですので、すぐに返してしまえば利息がかからないので、一時しのぎで借りたい場合の定番になっています。

住宅ローンのほかにも携帯料金や電気料金など、延滞してしまうと延滞料金を上乗せされてしまう場合がほとんどですので、支払期日を意識して資金計画を立てていくことが大切です。

とくに住宅ローンは滞納していると競売にかけられて安値で売られてしまう事もありますので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加






関連記事

このページの先頭へ