住民税を滞納するとどうなる

一般的に住民税と呼ばれている税金は各市区町村に納める税と都道府県に納める税をまとめたものです。その地域に住んでいる人に一定の税金を払ってもらい、それを使って人々が住みやすい街にしようとするのがこの住民税の役割なのですが、人によっては大きな負担となるのもこの住民税です。こういった税の類いもそうですし、その他の支払わなければならないお金もそうなのですが、決められた日までに納めない場合は必ず通知がきます。特に役所に納める税金の場合は直接訪問されるよりも前に封書が家に届くでしょう。そこにどう行動したらいいのか、また滞納し続けるとどうなるのかが書かれていますが、住民税も滞納し続けると半ば強制的に滞納した分を徴収されてしまいます。通知はまずは督促状、そして催告書と続くのが一般的です。

住民税が支払われるべき役所は滞納を確認したら滞納者の財産調査を行います。この人がどれだけの財産を所有しているのかを金融機関をはじめ調査され、それが勤務先にまで及ぶので、勤めている会社にも迷惑をかけることになるでしょう。もし徴収すべき財産があるとわかった場合にはそれらが差し押さえられてしまいます。具体的には家や土地などの不動産、預貯金、そしてお給料や私財なども差し押さえられてしまうでしょう。また、差し押さえられた財産は売却されるなどしてお金に換えられ、滞納した分の住民税に充てられることになります。

役所も鬼ではありません。どうしても住民税を納付できない場合は各役所に相談をしましょう。それなりの対応をしてくれると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加







関連記事

このページの先頭へ