自動車やバイクを高く売る方法

中古車やバイクを買い替えるときは、これまでは、次の車やバイクを購入する販売店で下取りをしてもらうのが普通でしたが、今では別の買取の専門店で査定してもらって売却するのが一般的です。なぜかというと、明らかに下取り価格と比べると専門店で買い取ってもらったほうが高値のことが多いからです。

下取りよりも買取のほうが高く売れるのは、買取の流通システムは、買い取りした自動車やバイクが現金化されるまでの流通の経路が確立されているため、下取りの場合にかかってしまう流通コストを削減できています。さらに、削った分は買取額に上乗せされるので下取りより買取の専門店の買取価格が高くなります。買取価格は、査定方法が異なるので会社別に数十万円単位で差が出ることもあります。他社と比べないで一社だけの買取査定で売却すると、相場より安い価格で売ってしまう恐れが高いのです。バイクや車を売るなら、複数の会社に一括して買取査定を行ってもらえる中古車複数社一括買取査定というサービスを使う方が多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事


このページの先頭へ