患者トラブルを解決する「技術」

病院を構えていればどんな患者さんが来るのかはわからない。

来院患者でトラブルを起こすのは本当に少しの人ですが、その少しの患者がとても大きな問題になります。

中にはモンスターペイシェントといった一筋縄ではいかないような迷惑をかける患者も増えつつあります。

患者のトラブルが起きてからすぐに解決できなければ対応している職員も疲れますし他の患者様へのサービスのレベルも下がりますし、患者は減り、職員は退職するといった悪循環になり、医療機関の経営すら揺らぐかもしれないのです。


「患者トラブルを解決する「技術」」の筆者は毎年400件以上の医療トラブルを解決しているプロです。

日本で一番病院のトラブルを解決しているプロですが、解決方法はとても独特であり、本人は電話で相談を聞いて指示を出して実際に行動を起こすのは医療機関の医者や職員なのです。


だからこそ、読み手にとってはとても役立つ内容が掲載されており、これまでに携わった患者のトラブルがたくさん紹介されているので、紛争を解決するための技術が丁寧にかかれてます。

どこの医院でもありえるトラブルの真髄に迫っている本、それが「患者トラブルを解決する「技術」」です。

医療機関を経営している人はもちろんですが医療機関で働いているスタッフが読むにも適している本で、職員研修に使うにも最適でしょう。

著者の尾内康彦は、なにわのトラブルバスターの異名を持つ敏腕の持ち主です。

このエントリーをはてなブックマークに追加







関連記事


このページの先頭へ