ケアの本質―生きることの意味

ゆるみ出版から販売されている生きることの意味について教えてくれる1冊です。

一人の人をケアするということは一番深い意味似たり、その人が成長することや自己表現をすることをサポートすることになるのだとか。

他の人をケアすることを通すことで人の役に立ち、そしてケアしている人は自分の生の真の意味で生きているといえるのです。

支配や説明、評価ではなくてケアしてケアされているから安心して生きていられるのだということがわかる1冊です。


「ケアの本質?生きることの意味」は医療者の真髄をつく本というだけではなくて多くの人が読んでも共感できて、そして学習できる1冊です。

万人がケアして初めて生きる意味がわかるならケアを専門にしている医療従事者落ち宇野は恵まれています。

医療の仕事はとてもすばらしいことがこの1冊で実感できます。

自分の仕事に自身や誇りを持ち、若い医療人にもこのすばらしさを伝えたい、この本を読むことで伝わればと思います。


仕事に打ち込めば打ち込むほどに人の人生の意味をしっかりと知ることができて、場合によってはつらくて残酷なことがおきる医療現場ですが、それを乗り越えれば、絶対に見えてくる世界もあるのです。


「ケアの本質?生きることの意味」の中で生きがいを実感する、それを求める医療人へのメッセージがつづられてます。

この本は今から35年以上も前に書かれた本ですが、ケアの本質についてよくわかる1冊です。

このエントリーをはてなブックマークに追加







関連記事


このページの先頭へ