住宅ローンを滞納するとどうなる?

住宅ローンの滞納の理由は様々です。

「給料が下がった」「職を失った」という収入の変化。

「親の介護」「子供の教育費」さらには「ギャンブルによる浪費」で支出が増えてしまったということも要因になります。

住宅ローンを契約した時の状況と今の状況が大きく変わってしまうということは少なくありません

こんなはずじゃなかった!」と現在の状況を恨めしく思う方も多いと思います。

では、住宅ローンを滞納するとどうなるか?

住宅ローンの返済が滞ると、まず、電話や郵便で督促が行われます。

この段階で支払えるかどうかがポイントになります。

支払えるのであれば、早急に返済することが重要です。

支払えない場合は金融機関に相談することもできますが、基本的にローンの残高を免除してくれることはありません。

毎月の返済額を少なくしてくれることはありますが、その分、残高にかかる利息は増えるわけで、逆に支払総額は増えてしまうことになります。

最初の滞納以降、多くの方は「滞納する→督促に応じて返済する→しばらくしてまた滞納する→督促に応じて返済する」を繰り返します

そして、返済が数カ月不能になると競売にかけられて強制的に買い叩かれます

競売にかけられると市場価値よりも大幅に安く売却されてしまいます。

ここまでは、本当にあっという間なので、できれば滞納する前の段階で対策を打っておくことが大事です。

最悪の事態を避けるために必ずしておくべきあることとは?

住宅ローンを滞納しそうになったときの選択肢は2つです。

1.このまま返済を続ける
2.返済をあきらめて家やマンションを売却してお金にする

ほとんどの方は「売却はしたくないけど、返済も厳しい」という状態だと思います。

その場合に必ずしておくべきことがあります。

それは「自分の家やマンションの現在の価値を知ること」です。

自分の家やマンションを売却すると今ならいくらになるかがわかると、返済を続けるべきか売却すべきかの判断をしやすくなります。

まずは、自分の家やマンションの現在の価値を調べましょう。

こちらで不動産の住所を入力するといくらで売れるかがスグわかります。

買った時よりも価値が上がるというラッキーな事もレアケースですがあります

ただ、地域にもよりますが、家やマンションの価値は年々下落してきます。

その下落幅は想像以上の事もあり、ローン完済時には、ほぼ土地代程度になってしまうといったことも少なくないです。

不動産の価値がわかると「苦労して住宅ローンを支払うべきか」「売却すべきか」の判断が、よりシビアな視点でできるようになります。

もし、不動産の価値がローンの残高を上回っている場合は、売却することで臨時収入を得ることが出来ます

逆にローンの残債を下回っていたとしても、将来的に支払い不能になって競売にかけられるリスク(市場価格の60%から70%程度で売られます)があるのであれば、前もって市場価格で売却した方が手元に残る金額が多くなります

手始めに今すべきことは「家やマンションの現在の価値を調べること」です。

こちらで不動産の住所を入力するといくらで売れるかがスグわかります。

家を売却して賃貸で暮らすメリットとは?

住宅ローンを一生懸命支払っても不動産価値は下がっていくので、なんだか空しい。

そう考えて、持ち家から賃貸暮らしにチェンジする方が増えています

昔の様に持ち家はステイタスではなくなっていますし、リフォームせずに10年20年経てば価値もないボロ家になるのが現実です。

とくに、購入時から家計の状況が変わってしまったことで、住宅ローンを滞納しそうで悩んでいる方は売却して賃貸を検討することも選択肢の一つになります。

こちらで不動産の住所を入力するといくらで売れるかがスグわかります。

ローンの残高にもよりますが、売却金額と差し引いて大きな臨時収入になることも少なくありません

母子家庭の方のためのお役立ち情報